タイミングを逃した

遊戯王、特撮、アイカツその他いろんな事を中心にタイミングを逃した事ばかり書く 感想はあくまで私個人の感想

BS5D's20話感想&解説

「使命」がテーマにおかれた回。ボマーはボマーの「使命」を果たす為に闘志を燃やし、ジャック、遊星にも「使命」を全うすることを諭すボマーのそんな一面が見えた回。、

 

はい、真面目な解説終わり。

 

そんな回だが全体的におかしい。ジャックは「存在が邪魔」と煽っておきながら返しの「可哀想なキング」に拳。煽り耐性がなさすぎる。

「あなたには使命があるのです。ギャグ担当という…」

 

龍亞はガレージに忍び込むも即警報。しかし就寝。警報のなかで寝るやつがあるかよ狸かなんかか、お話的にはボマーと遊星の会話するところに持ち込みたかったんだけどもう少し自然な形で考えようよスタッフ。もう10年も前の作品だけどさ。

「おまえの差し金でないことはわかっている。おまえは「それほど」姑息なデュエリストではない」「それほど」ってなんだ多少は姑息なのか。

 

故郷のために勝ちは譲れない。デュエルで解決する。そういう会話の流れだけは自然。

 

翌日のデュエル。巨大なDホイールによるプレッシャーとエースモンスター?の召喚に追い詰められるスピードウォリアーと遊星はどうなる?