タイミングを逃した

遊戯王、特撮、アイカツの事を中心にタイミングを逃した事ばかり書く

ブランドやコンテンツの存続について

バンダイフィギュアーツのアイカツフィギュアーツの音信が途絶えている。

まぁちょくちょくあったと思うし忘れた頃にやって来ると思う。ツバサフィギュアーツ欲しいんだけど…

 

さて、その昔デジモンのオメガモンのプラモデルがあった。なかなかにかっこよいデザインでデュークモン等の続きのラインナップが箱かなにかにあったと思う。

個人的にオメガモンはさして好きではないので買わなかったがデュークモンは欲しいので待った。が、結局オメガモンで打ちきりになったようだ。

 

さて、この場合なぜ続かなかったのかと言うと単純にオメガモンが売れなかったからだと思う。作っても採算がとれないと判断されれば作られないのは当たり前だと思うしそれはその他のジャンルにしても同じことだと思う。作る技術があってもそれを使うのはタダじゃないしそれに関わる人間にある程度の見返りを提供しなければならない。それらが満たせなかったのだろう。

 デュークモンェ…


f:id:Hiduki:20180310191421j:image

 

で冒頭のアイカツフィギュアーツの続報が無いのはとどのつまり似たようなことだと思う。

 

ただツイッターではちょくちょく「買わなかったお前(達)が悪い」や「今後の存続のために買いました」という意見がリツイートはじめ見る機会がある。

まぁ個人の意見、行動だからそれぞれ自由だと思う。

 

別にそれについての私の意見も野暮である

 

野暮だが

 

 

 

 

 

それってどうなんですかって思う

 

例えば私がデュークモンのプラモデルがほしいならそのためにオメガモンを3個くらい買わなきゃいけないんですかって思う

如月ツバサのフィギュアーツが出るまでそれまでのフィギュアーツを各1つずつ買うのが当然だというのか?って思う 

 

なんで続けられなかったというとそれはそのコンテンツ、ブランドの実力がそれまでだったと思うしそれらを「お布施」のようなもので支えるなんてあるべき姿じゃないと思う。

欲しいもののために投資を惜しむなと言われても先の見えない物のために大金なんて私はつぎ込めないしツバサフィギュアーツはたくさんのお布施によって成り立ったなんて悲しいしみんなに望まれて作られて産み出されたものであってほしい

 大体○○が出ると思って買った、出るまで買う。出なかったらあーだこーだなんてあなたは免罪符かなんかを買ってるんですか?そんなんで買われた商品も(無論欲しいなら別としてそうでないなら)可哀想じゃないですか?

それで愛や熱意が足りないというなら、はい足りません。

 

考えをまとめると

・ブランドやコンテンツ自身の力が存続を決めるので続かないなら「それまでの力」である。

・それらをファンのお布施や義務で支えるのはおかしい

ってことです。

 もちろんこれは私の意見だし人それぞれ向き合いかたがあって「お布施こそ私の道!」というのも別に問題ないです。ただ買ったことを叩き棒にして買わなかったファンを叩いたり「存続のためにあなたも買うべきだ」的な空気を作るのは良くないんじゃないかって思います。

 

まぁ余談ですが、一言付け加えるならメーカーにはただほいっと出すんじゃなくてもっとそのブランド、コンテンツの魅力を引き出す展開をしてほしいんですが…