仮面ライダーゴースト 振り返りとまとめ~グレイトフル登場からムゲン登場まで~

さて前回やや投げやりに記事を切ってしまいましたが気を取り直してグレイトフル登場からを振り返りたいと思います。

 

前回のグレイトフル登場手前のお話を「分岐点」と書きましたが、私にとってここから仮面ライダーゴーストという物語はなんとも言えない方向へ転がっていきます。

 

ガンマの世界から帰ってきたタケルはガンマの世界と現実世界を断ち切ろうとします。

友達になったはずのガンマの胸ぐらをつかんだりアランに眼魂を寄越せとせまります。

…ついこの前までの優しいタケルはどこへ…

それに見かねた仙人からは「お前の役目は15の英雄の魂をつなぐことだ」と忠告。

…そんなどさくさ紛れの条件、いつの間にそこまで重要度が上がったんだ…。

…とツッコミの絶えない展開。

そして眼魂達も愛想をつかしタケルを離れていきます。

そうこうするうちにジャベルが何度目かの登場(記事では活躍を割愛しております)アランをかばってマコトが消えるのを見て反省。その姿を察知したのか再びタケルの元に眼魂が集結。グレイトフルが誕生しジャベルを撃破するのでした。

 

ただただ一言。雑、としかいえません。

主人公が挫折を得て新しい力を手に入れるというイベント、やっとけばいいでしょとばかりに無理矢理詰め込んだようにしか見えなくて残念でした。

 

そしてここから仮面ライダーゴーストはだいたいこんな感じになっていきます。

 

ここからムゲン魂登場まで(というより最終回まで)全体的に何かが足りないな…という感じでした。

アランはガンマ世界へ絶望しそこから再起するまでは確かにおもしろいのですが…ガンマ世界のどこにアランは完璧だと感じていたのか…や

 

またグレイトフルが出たことによって英雄達との心は繋がったと思っていたのでこれにて眼魂達との対話イベントはおしまいと思っていましたが定期的に入ってくるのでなんだかなぁ…と思ってしまいました。