遊戯王最低父親伝説(うろ覚え)

筆者は遊戯王を中途半端に追っかけている

OCGはストラクを少々。

リンクスは思い出したとき

原作は文庫版とアニメの7割、現在のドーマ編は新鮮だ。

GXはみてない5D'sは実は太陽編からでそれまでは初見。BSの再放送は新鮮です。

ゼアルはみてない

アークファイブは多数の抜けがある

ブレインズは序盤の26近くが抜けている

そのくせネットの情報収集は暇さえあれば○○wiklを見ている上に迷シーン集的な物も見てるので知識は歪に充実している。

知ったかぶりもいいところ。

 

さて今さらだが遊戯王名物といえば

ろくでもない父親がでることである。

城之内の父親は飲んだくれで働かず。

海馬の義理の父は虐待紛いの英才教育

マリクの父親は掟とはいえ実の息子に熱したナイフで彫り物をした。麻酔なしでな!

 

作品を超えた結果例外は増えてもその記録は更新されるであろう。

 

さて私のなかで遊戯王歴代最低の父親は…アークファイブ主人公の父親


f:id:Hiduki:20180128201823j:image

榊遊勝である。

 

このキャラクターは善意で動いている根はいい人である。

しかし!

世界の危機に一人で誰にも相談せずに出発したため息子に重い影を残し

次元を飛び回ったものの特にこれと言った功績はなし

最終的にはよかれと思ってやったことがよくてなにも起きない悪けりゃ裏目

事態が収束後もただ見ているだけで最後に都合よく激励して終わると言う仮面ライダーゴーストの仙人のようなやつだった。

 

これまでの遊戯王の悪い父親と言うのは元々が悪人と言うか根が悪いと言うかそういうタイプだったのだがこれらとは全く違う新しいタイプのろくでなし父親だった

おめでとう榊遊勝…君がナンバーワンだ…
f:id:Hiduki:20180128203035j:image

春映画(超大戦)の反省? (ネタバレ有り)

心機一転記事

 

12月に平成ジェネレーションファイナルという映画が公開されました。
f:id:Hiduki:20180103110000j:image

個人的にこの映画の素晴らしいところはゲストであるレジェンドライダー達のスポットの当て方だと思います。特にオーズ周り。

劇中のセリフや行動の再現をしっかり、ここぞというタイミングで使う。

もうしばらくはこのようなレジェンド映画は見れないのではないかなと思います。

 

さらに遡ること8月にはエグゼイドの夏映画がありました。
f:id:Hiduki:20180103110802j:image

この映画の内容はネタバレですが

 

 

病の娘を仮想現実へ導き病だけでなくこの世の苦しみから解放しようとする父親と永夢達の戦いだっと感じています。

ゲムデウスなんておまけです。

作中でも奇麗事と言われていますが「辛くとも現実で生きていく事が大切」だと永夢は強く主張しました。

 

さてさらに遡ること春にはこんな映画がありました。
f:id:Hiduki:20180103112156j:image

この映画は…まあ世間の評価は調べればすぐわかります。

私としては前半の超展開に笑い、後半の展開には作中の少年のように無の感情で観ていました。

 

ただですね。この3作を比べるとですね。なんとなく奇妙な関係にあるなとおもうんです。

例えば現実に退屈した少年がゲーム世界という仮想現実に入り出てこない要素や作中の名セリフを適当にしゃべる北岡先生といった所。これらにもう少し気を使うことができたのならこの映画は化けたんじゃないかなと思ってしまいます。

 

世界観のすり合わせにもあえて何も考えなかった春と平行世界を用いることでアプローチした冬と違いがありますし。

 

不毛な思案ですが夏、冬の映画は春映画を分析、反省をして昇華させたのではないかなと思いました。

この日記は

Twitterに呟ききれないこと、用は140文字の駄文が水増しされた駄文です。

それでも目を通してくださった方がいるならばありがたいです。

基本アニメや映画、ゲームの感想を気が向いたときに書きます。